マーガレット・ウェイのブラックヒーロー【ハーレクイン文庫ネタバレ・感想】

マーガレット・ウェイの作品にハマる。

マーガレット・ウエイがいちばん好きで、彼女の本は全部あります。

 

あとリンダハワード、キャロルモーティマーも大好きです。他にも好きな作家はいますが、アメリカの牧場の物語が好きで、アンメイザーのシリーズもおすすめです。

 

今は廃盤となった分厚いヒストリーロマンスも大好きでした。

 

漫画では真崎春望さんのものなら何でもオッケイです。

 

残念なのは日本の作家のシリーズもあったのですが、あまり延びず、今も書いている方が殆どないのが残念です。

 

左回りのワルツなどとてもいい作品でしたが、日本が舞台だと何となく外国よりスケールが落ち、夢が持てないものが多かったように思いますが日本人作家の本も読んで欲しいと思っています。

 

漫画はこれからの人にはおすすめです。

 

 

私がハーレクインの作品にハマったのは美容室でためし読みしてから

ハーレクインが日本に入ってきたとき、美容室でサンプルの本を貰ったのがきっかけですが、テレビででも宣伝を始めた頃で気になっていたので、喜んで読みました。

 

まだ今と違い紙文化の時代だったので、とにかく外国の風景や文化にはまりました。そのうち月間に出る本を殆ど購入し、好きな作家の本が手に入らないと古本屋に探しにいくようになり、ファンクラブの会員になり好きな作家の新作は本屋で予約したり、ファンクラブの申込みでバックナンバーの本を購入したり、プレミアム装丁の本も買ったりしていました。

 

好きな作家は五人ほどいて、来日されてサイン会などがあれば仕事をやりくりして出かけました。

 

私は属に言う芸能人には興味ないため、本の方にはまったとも言えます。

 

電子コミックがすごく便利

 

今は漫画になったり、電子化したりして来ましたが、好きな作家の本があまり好きな漫画家にかかれるとガッカリしますが、反対に好きな漫画家さんの書いた本は内容が今一つでも買ってしまいます。

 

現在は通勤時間がながいため、電子コミックもよく購入しますし、紙媒体の本もよく買って読みます。

 

ハーレクインに関しては日本上陸からのねずよいファンなので、いちもつ語れますし、本はかなりの収集家だと自負しています。

 

今期待してる新作

昔から書いていますが、ペニージョウーダンさんの本は作風が変わって来て面白くなって来ましたし、マーガレット・ウエイさんはこれからもおすすめです。

 

腐女子に人気オタク女性の書評感想サイトotomemo

マーガレット・ウェイのブラックヒーロー【ハーレクイン文庫ネタバレ・感想】関連ページ

1人寂しい時にはハーレクイン恋愛小説を読んで気を紛らわす
人気の乙女ゲーム、グリーやモバゲーなどCMでお馴染みのゲームから、ここでしか遊ぶことのできないオリジナルゲームまで、声優のボイス付き恋愛ゲームも